2010年05月26日

慈恵医大病院を捜索=「申し訳ない」と医師―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)

 交際女性に対する不同意堕胎事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が女性の流産に対する認識を認め、「申し訳なかった」と供述していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は同日、同病院を家宅捜索。事件の全容を解明する。
 捜査関係者によると、同容疑者は当初、「妊娠は知っていたが、流産は知らなかった」と供述。その後は流産したのを知っていたとの内容の供述を始め、「申し訳なかった」と述べ、謝罪の意思を示した。
 薬の入手先については「記憶にない」と話しているという。 

【関連ニュース】
不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も
別の患者名で錠剤入手=妊娠告知の翌日、結婚直前=不同意堕胎事件・警視庁
妊娠告知10日後に流産=医師、迅速に計画か
医師、流産後も数カ月交際=発覚避けるためか
医師、不正に薬入手か=病院の管理は厳重

<参院選>政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく(毎日新聞)
韓国系開発会社に8億円支払い命令 破綻遊園地を落札し契約解除(産経新聞)
フィッシング詐欺を見破ろう、学習サイト利用のススメ
蓮舫氏「事業仕分けの結果、党がまとめない」と不満表明(産経新聞)
<器物損壊>成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕(毎日新聞)
posted by ハセガワ トシハル at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。